融資を獲得した事業計画書のポイント・美容サロン経営

代表者データ

・Kさん
・女性
・美容サロン開業
・自己資金0円
・東京都の制度融資利用
・融資実行額1000万円

融資概要

Kさんは、美容師としてこれまで個人事業主として活躍してこられました。このたび、美容サロンを祐天寺で独立開業し、店舗をオープンするために、開業費用で足りない約1000万円の資金を東京都の創業融資を利用し借り入れることに成功しました。

美容サロンのポイント

【1】美容サロンのポイントは、創業にかかる費用が大きいことがありますので総費用をできる限りちいさくできるように創業に必要となる費用をよく検証します。

【2】美容サロンとなんといっても、競合が圧倒的に多くいます。そのため、競合と何が、何で違うのかということを示す必要があります。

Kさんの事例から学ぶことのできる創業融資ポイント

Kさんのケースのポイントは2つです。
【1】創業事業の経験
【2】自己資金が創業融資では大切

自己資金という点では1000万円の申請のためには十分といえる自己資金はありませんでした。一番の不安どころであったのですがそこをどうカバーするかがポイントでした。自己資金のなさをカバーするためには、事業がうまくいく可能性が極めて高いことを事業計画書で訴え、納得していただくしかありません。

そこでKさんの場合は、創業事業の経験という点では、申し訳ない経験、実績がありました。これまでの経験、実績を豊富に盛り込んだ事業計画書を作成しつつ、その経験、実績から、新店舗の集客もだいぶ、数字として見込めるという内容の事業計画書を意識して作成しました。

Top