創業融資を受ける前に

このページを読まれている方は、創業融資を受けようと検討してる方、これから創業するもしくは創業して間もないという方がほとんどかと思います。

そんなあなたは創業を考えた時に、以下のことを意識して事業計画を徹底的に考えましたか?

自分自身の強みは何か
どんな戦略をとるのか
誰をターゲットとするか
ひと月あたりの売上目標は
売上の算定根拠はしっかりしていて無理のない計画か

これらのことは、融資を申し込むときにも重要となってくることですが、それ以前にあなたが事業を始めようとするときに真っ先に考えておかなければならないことでもあります。

まず、創業しようということは、その商いをするための商品があるかと思います。
私(代表・飯塚)で言えば、税理士として会計帳簿をチェックしたり、決算書を作成したり、税務相談を行ったりということがこの商品に該当します。

次にその商品をこれから売っていくのにあたり、良く売れるための強み、同じような商品が並んでいる中で選ばれる要素といったものはあるでしょうか。

私自身は、正直に言うと開業時に税理士として特別差別化できるものはあるかと考えた時に強く推せるものはありませんでした。
その結果、私の知り合いからの直接の仕事の依頼や紹介といったものはありましたが、HPを開設しているにもかかわらずHP経由で私と直接面識がない方からの問い合わせというものはほとんどありませんでした。
何がいけなかったかを考えると、他の税理士と特別差別化できるだけの商品がなかったのだと思います。

今まさに創業した、創業しようとしているあなたは自分自身の事業、取り扱う商品の強みといって自信を持って答えられるものはありますか?
もし、自信を持って言えるものがないなら、今からでも遅くありません。
さっそく考えて見ましょう!!

私自身は、開業時に手元にお金を持っていることにこしたことはないだろうという軽い思いで借りた創業融資ですが、事務所経営をしていく中での資金繰りの面でだいぶ心の負担を軽くしてくれ、積極的な投資もできているという思いが強くなりました。

私だけでなく開業間もない方は、資金繰りの面で苦労してる方も多いだろうというのが実体験からも強く感じ、それであれば私のように最初に創業融資を受けて資金の余裕を持っておけばビジネスにより集中できるはずなので、それを誰よりも強力にサポートしていくことを武器として考え、今に至っています。

さぁみなさんはなにか思い浮かびましたか。
なんでもいいんです。

○○駅周辺で一番若い○○士です。
○○駅周辺で一番おいしい焼き鳥屋はじめました。
○○が得意で誰にも負けないです。

なにか一つでもあればいいのです。
思いつかなければ、○○で一番になりたいという願望、以前の仕事で○○をやり遂げましたという実績でも構いません。

それを強みとしてキャッチコピーを考え名刺にもきちんと載せましょう。
名刺にいろいろなことを書きすぎるよりも、今考えた○○で一番ですといった強みを一つだけ書いてある名刺の方がもらった方は確実に記憶に残りやすいです。
しかも、自信のあることを書いているのでそのビジネスのことを強く熱く語ることができるでしょう。

このことはビジネスが成功に向かう確率を上げるのにも役に立つのと同時に、融資を受ける時にも役に立ちます。

ということで、まずは自分自身の強みを徹底的に考えて見てください!!

Top